基礎知識、これだけは! 2017.12.28

年末年始会場探し♪~マタニティ婚必勝法!④結婚式は2月がねらい目


そろそろ仕事納めの日が近づいて来ました!

会場見学の予定は立ちましたか?

 

今日は、4)結婚式は2月がねらい目 についてお話しますね。

 

ブライダルシーズンと言えば、春と秋というイメージですよね。

気候がいい♪というのも理由だと思います。

 

また月で考えると、1月は年始で忙しい。

3月4月は異動や、卒業、入学のシーズン。

7月8月は暑くて大変。

12月は年の瀬で慌ただしい。

 

これらの理由は結婚式にご参列下さるお客様を思いやってのことだったりします。

 

でも・・・マタニティ婚は突然やってきます!

 

急がないと赤ちゃんが生まれてしまいます。来年の秋~なんて悠長なことは言っていられませんね。

 

この年末年始に会場探しをなさるマタニティ花嫁様は、妊娠3~6ヵ月くらいの方が多いのでは?

 

すると、体調を考えて結婚式にちょうどいいのは1月の末~2月ということになりますね。

 

ご参列下さるお客様のご予定を聞いて、ご招待しなければなりません。

最低でも1ヵ月前にはお知らせしたいものです。2月であれば問題ないですね。

 

それに、私が2月をお薦めする理由は他にもあります。

会社や学校など比較的落ち着いた時期ですし、ウインタースポーツを除けば・・・あまりレジャーシーズンでもないですね。つまり、結婚式に参列しやすいと言えます。

 

そして、結婚式にあまりお金をかけずに、質の高いものを目指したい!方には2月がお勧めです。

 

2月はブライダル業界では閑散期・・・結婚式場・披露宴会場に空きが多いです。

 

特別な割引があったり、組数が少なければ、当然現場にも余裕が生まれます。

この年末年始、式場のプランナーさんはこの2月の閑散期にどうやってお客様を獲得するか?!ドキドキしながら皆さんのフェアご来館を待っています。

 

競合他社も、魅力的な提案をたくさん用意している訳で、絶対に負けられません!

 

慌てずに、見積をしっかり見て、「マタニティ婚への特別なサービス」を確認して、先に見た会場の見積書をチラ見せして(>_<)有利な条件を引き出して、ドレスの持込を無料にしてもらう!

 

さて、思い出してください!

一番大切なのは「マタニティ婚であることを、先に告げる!」です。

 

提携ドレス店に「マタニティ用は多数あります!」と言われても、もし、無かった時(実はそういうケースが多いんです。)のために、念のため「ドレス持込料無料」を契約条件にしておいてください!(祈)無駄なキャンセル料、持込料を支払うリスクをなくすためです。

 

次回は、5)持込料無料の罠(*_*) について詳しくお話します。 罠にはまらないように(>_<)祈ります。

 

5)持込料無料の罠(*_*)
6)質を上げて、見積を下げる技
7)「マタニティ用ドレスは多数あります!」のカラクリ?

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

後ろ姿で誰かを感動させる仕事♪~ホテルリゾーピア熱海さん 30名までの結婚式♪ ~ジェイディがお手伝いします!無料です。 花嫁号泣?!結婚式の10日前に❓~責任は誰にあるのか?