基礎知識、これだけは! 2019.01.05

そのドレスショップ本当に大丈夫ですか?!~結婚式当日の体型予測をしないで試着?


「妊娠7ヵ月で結婚式なんです。」と話したら、

「お腹はどれくらい大きくなるんでしょうかね~???」と聞き返された。

このドレスコーディネーターにドレス選びをお願いして「本当に大丈夫???」と不安になった。ジェイディにおいでになったお客様の談。

 

ドレス店で活躍するドレスコーディネーターは、土日が出勤で、大変な激務であることもあり、若い世代の人たちが多いです。

もちろん、出産の経験もない。妊娠て何なのか、全くわからない。

ましてや、妊娠7ヵ月でお腹がどれくらいの大きさになるかなんて、想像もできない・・・それがドレス店の現状です。

 

お客様に「妊娠の経過をほとんど伺うことなし」に、妊娠7ヵ月であれば、「妊娠前のサイズより2サイズアップ」と機械的に案内するように決まっているらしいです!?

 

なぜ2サイズアップなのかというと、妊娠にともないお腹が大きくなるにつれ、ウエストも当然大きくなる。すると、まず後ろのファスナーが上がらなくなります。

仕方なく、ファスナーが上がるサイズまでのドレスを大きくする。それが大体2サイズアップというわけです。

 

 

さて、ここでマタニティ花嫁専門ウェディングドレスショップの考え方をご紹介しましょう。

 

妊婦さんの体型の変化を長年データに残していて、あることに気づきました。

妊婦さんのボディには、妊娠に伴い「大きくなる場所と、ならない場所がある」。

そして、その変化には「個人差がある」という事です。

 

 

妊娠してもチェスト(脇の下を通って、胴体の1周するサイズ)とアンダーバストのサイズはあまり変わりません。

一番大きくサイズが変化するのは、おへその下あたり。その影響でウエストも大きくなります。

バストに関しては、元々大き目の方は妊娠初期から張ってきて、カップサイズが大きくなる傾向にあります。

つわりの症状や期間も体型の変化にとても影響がでます。 仕事の有無や生活環境、ご性格まで、結婚式時体型予測を行うには様々な判断要素を考慮に入れる必要があります。

 

ジェイディでは、ドレス試着の前に30分から1時間かけてヒヤリングを行います。

そして初めて「お客様の結婚式時のサイズは7号。ドレスはこれです。」とご紹介します。 ドレスの試着の際には、結婚式時体型予測に基づきお腹やバストを作ったパーツを装着したインナーをお召し頂きます。結婚式の日の体型になってから、ドレス姿がどんな風に見えるのか確認して頂きます。

 

ドレス店で試着をする際、「妊娠経過を聞くこともなしに、大きなサイズをすすめられた」、 「体型予測をせず、結婚式時の体型予測インナーを着ないで試着をした」・・・そのドレスショップ本当に大丈夫ですか⁉

 

少しでも不安を感じたら、その日のうちに契約するのはやめましょう!

ドレスが無くなると脅かされても、契約書にサインした時点で「重いキャンセル料」を支払う契約をしたことになってしまいます。

 

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

マタニティ用ブライダルインナーは必要なのか?~現場の実情は・・・ 『スッキリ』の仙台結婚式場のような話、マタニティ花嫁のMe too!も時間の問題かもしれません。 マタニティ専用ドレスを選んだ花嫁のアドバイスが最強です!