マタニティドレスデザイナー花谷珠里のコラム 2017.10.05

都営三田線で、想いをぶつける!~あなたは本当にドレスに満足していますか?


とうとう、思っていたことを「はっきり!」言うことにしました。

都営三田線のたった1編成、5か所の連結部分、優先座席のすぐ横の窓に広告を出すことにしました。

 

小さな1歩かもしれません。

でも、本気の1歩になりました。

 

昨日試着においでになったお客様も、目を丸くして!「マタニティ用のドレスあるって書いてあったんです!でも、7号の私に13号のドレスが出てきた時・・・これは無いな(>_<)と思いました。」と。

 

マタニティ専用ウェディングドレスショップ ジェイディのドレスと、よくある「マタニティ用、マタニティ対応」ドレスは何が違うのでしょうか。

 

それは、ドレスの完成度が違います。

 

「あなたが選んだドレスは、マタニティ花嫁を美しく見せるウェディングドレスですか?」

広告は問いかけています。

 

妊娠しても、身長が高くなったり、肩幅が広くなったりはしません。

あなたの骨格とは違う、大柄な方のためのドレスをお直ししても、限界があります。

 

妊娠していない花嫁のために作られた「マタニティ用、マタニティ対応」と呼ばれるフリーサイズのドレス。

ファスナーは上がっても、胸元はぴったりと肌に密着していますか?

まさか、ガバガバで下着が見えているなんてことはありませんか?

 

ジェイディでは、マタニティ花嫁様を最大限に美しく見せるドレスを、

ただそれだけを、本気で作っています。

 

比べてほしい!

そして、「専用」と「対応」の完成度の違いをあなたの体にドレスを乗せて体感してほしい!

 

強い気持ちで、都営三田線に広告を出すことにしました。

 

 

 

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

都営三田線で、想いをぶつける!~あなたは本当にドレスに満足していますか? 華奢なマタニティ花嫁様は、要注意です!~妊娠前に洋服のサイズが7号以下だった方へ 妊娠7ヵ月!お腹はどのくらい大きくなるの??~わからなかったのでドレスが選べなかったお客様の話