マタニティドレスデザイナー花谷珠里のコラム 2018.02.25

安いドレスには理由がある・・・~知ってから選んでも遅くありません!


マタニティ専門ウェディングドレスショップ ジェイディで試着経験をなさったお客様の多くは、

 

妊娠6ヵ月以降なぜ専用ドレスが必要なのか?

 

結婚式当日の体型予測をして、

 

専用ドレスを着てみて、

 

一般的なマタニティ用ドレスの何が問題なのか説明を聞いて、

 

すべてを納得して

 

大切な結婚式の日のドレスを決められます。

 

 

 

しかし、一方でレンタル価格が安いドレス店は魅力の様で、試着には行かれるようです。

 

「先に説明聞いといて良かった!知らなかったら・・・お店の人も大丈夫だって言うし、安いしあっちに決めてたかもしれない。危なかったです。」と仰りながらジェイディに戻って来て下さるお客様多いです。

 

先日もあるお客様が、「別のドレス店のレンタル料はジェイディさんの3分の1だったんです。でも、結婚式の日お腹はどのくらい大きくなりますか?ってお店の人に聞かれて・・・『お腹の大きさを予測できないのに、ドレスをコーディネートしてるの???』って心配になって、やめたんです。」と。

 

妊娠すると体型が変わる!

 

一般的にマタニティ用と呼ばれているフリーサイズのドレスでは合わなくなる!

 

そのことはなんとなく理解できても、お店の人に「大丈夫!」と太鼓判を押されると・・・

「大丈夫かな?プロがそう言っているし・・・」と思ってしまうお客様のおいでになることも事実です。

 

あるお客様・・・ジェイディでご試着された時、サイズは7号でした。

華奢な方でしたが、妊娠7ヵ月4週目で結婚式。

 

多くのお客様そうされるように、「マタニティ用ドレスたくさんあります!」とうたっているドレス店での試着をされ、そちらに決定したとのご連絡がありました。

 

妊娠7ヵ月4週目・・・一般的なマタニティ用ドレスでは、ちょっと難しいので詳しくお話を伺ってみました。

 

すると・・・「勧められたドレスのサイズが11号と13号。試着した時は、ブカブカだったけど、結婚式の日にはピッタリにお直しするので大丈夫です!と言われたので安心しました。価格もすごく安かったので!」とのことでした。

 

私の説明不足のせいだな・・・と反省しました。

 

ドレスのサイズが1号大きくなるってことは、ウエストサイズが4㎝大きくなります。

 

このお客様は、妊娠7ヵ月4週目で結婚式。するとウエストは15㎝くらい大きくなると思われます。

単純に計算しても、2号から3号大きなサイズのドレスしか、ウエストが入りません。

 

元々7号だと、9号、11号、13号と展開するので、2号から3号アップで、11号か13号・・・

確かに予想は間違っていませんね。

 

でも、ウエストは確実大きくなっても、腕の付け根のあたり、チェスト(胸元)は妊娠してもあまり大きくならないんです。

 

「試着した時、ブカブカだった・・・」ということは、結婚式の日もブカブカのままです。

 

「ピッタリにお直し・・・」?体に密着しない、通常のワンピースみたいなドレスだったら、上半身(上身ごろ)をほどいて詰めることはできるかもですが・・・しっかり芯を貼ったドレス用の生地で作りこんだドレス(レンタル用に多い)、レースやビーズの刺繍があるドレスは、上半身でお直しできるのは、後ろ身ごろだけ・・・脇をつまんでザクザク縫ってお直し♪と言ってるドレスありますが・・・厚みが出て太って見えます。仕方ないので、後ろに生地を引っ張って直そうとすると、バストがつぶれてしまい、やはり不格好・・・・

 

そもそも想像してみてください。

 

7号の方と13号の方は骨格が違います。胴回りが全体に大きいんです。

妊娠してお腹まわりが大きくなった方とは体型が全然違います。

 

一番の分かりやすいのは、トップバストの間隔です。

7号を13号にする場合、1.5㎝~2㎝くらいは開いてしまいます。

これも太って見える原因になります。

 

まとめると、7号の方が11号、13号のドレスをお直しして着ると・・・

 

1)胸元ブカブカ → 無理に直しても、ピッタリにはならない~たぶん、後ろ身ごろのレースアップを絞って調整するつもり。お直しは基本しないし・・・ほどいて縫い直すなんて現実的ではない(お金がかかります)

2)トップバストの間隔が開いるので、太って見える

3)お腹の上でドレスを絞り、ドレスが落ちないように支えるので苦しい

4)マタニティ体型様になっていないので、お腹は大きく目立つ

ということが考えられます。

 

価格が安い♪

 

 

それは魅力ですね!でも・・・1万円2万円の話ではありませんね。5万、10万、20万円の話です。

安いドレスには理由があります。一般的なマタニティ用・・・つまり、それはただのフリーサイズのドレスのことです。

 

 

「大丈夫!ピッタリ直す!」・・・そのドレス店の方に具体的にどのように補正するか、確認してください!!!

料金はいくらか確認してください!

 

そして、もし万が一「ピッタリに直せなかったら」キャンセルはできるのか?キャンセル料はいくらなのか?説明を聞いてから契約しましょう。

 

安かろう・・・悪かろう・・・

 

ドレスに知識がなくて・・・泣き寝入りは・・・あまりにも残念な気がします。

 

 

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

体型予測をしないで・・・お腹に何も入れないで試着? 本当に大丈夫ですか?! 体型予測のビジュアルはインスタグラムjadee_dressでご覧いただけます♪ 忘れちゃいけないハワイ挙式の必勝法~ヘアメイク・ロケ撮影