マタニティドレスデザイナー花谷珠里のコラム 2019.07.23

ダメだと思った・・・マタニティ用オーダードレス


アジア縫製のオーダードレスを発注したという、マタニティ花嫁の話を最近聞いた。

 

見せて貰ったドレスデザイン写真は、どう見てもマタニティ用になっていない。

そのドレスを「マタニティ用フルオーダーに変えてもらった」という。

 追加料金はたったの約2万円…

 

多分・・・既に縫製されたドレスのファスナーを編上げに変える程度の変更だろう。

 

もう一度言います。そのドレスはマタニティ用になっていません。

マタニティ花嫁様に適したドレスとは、後ろ身ごろをフリーサイズ~つまり編み上げにしただけではダメです。

 

私の経験から、多くのマタニティ花嫁様は、背中は妊娠前とほとんど変わらない。

つまり、後ろ身ごろを大きくするだけでは意味がない。

 

大きく変えなければならないのは、前身ごろの方。つまり、体の前側。胸がついている方です。

それも、単純にサイズを大きくしただけでは…やはりダメだと思う。

 

マタニティ花嫁様の体は、サイズがあまり変わらないチェスト(胸元)、やや大きくなるバスト、妊娠週数によって変化するアンダーバスト、大きくなる下腹に伴い太くなるウエストと、想像を超えて大きくなるお腹・・・「ひとりの体に、サイズが変わらない場所と、大きく変化する場所が混在している」と私は説明する。

 

そして、一番大切なのは、そのマタニティ花嫁様が結婚式の日にどんな体型、どんな寸法になっているか、正しく体型予測をすることだ。

 

もし、マタニティ用のドレスを作ろうとしたら、お客様の体型予測もせずに、結婚式の時にぴったりサイズのドレスを作ることはできない。 

まして、わずかな追加料金でフルオーダーなんて作ることはできない。デザインもパターン(型紙)もやり直さなければならないのに・・・。

 

しかも、アジアの国から送られてくるドレス・・・どうやって最終フィッティングをするというのだろう。。。 

結婚式の前に、そのドレスは出来上がって、小さくたたまれて、シワしわで送られてくる。プレスの日程を確保した方がいい。専門業者じゃないと、ウェディングドレスのプレスは難しい。結婚式場の美容室に頼んでも、特殊なアイロンを持っていないとシワは伸ばせない。

 

「安い」という理由で、輸入品のドレスが人気のようだけど・・・「マタニティを舐めないで欲しい!」と思った。

 

妊娠7ヵ月頃に結婚式らしいその花嫁様・・・ちょっと心配になった。

 

お問合せは、

0120-168-555 (ジェイディ代々木公園サロン 9:00~21:00)お気軽にお電話ください。

 

LINEの場合は、ドレスショップ ジェイディ まで。

 

HPは、http://www.jadee.net お問合せフォームがございます。

 

 

 

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

マタニティ婚♪ 挙式「前倒し」に最適な時期はいつ? マタニティ婚必勝法は「会場契約の前」にあり!!~持込料JADEE負担のプランもあります♪ マタニティ花嫁専門店15年の経験から~「セパレーツ」のドレスが一番ヤバイわけ