マタニティドレスデザイナー花谷珠里のコラム 2015.04.30

ドレスは第二の肌。胸元に隙間があるのは、サイズが合っていないからです!


ドレスを試着中に、ビスチェの胸元が1㎝程浮き上がっていたので

「これはサイズが合っていません。」と申し上げて、1サイズ小さなドレスをお持ちしたところ

 

お客様が不思議そうになさっていたので、

「どうかなさいましたか?」と伺うと

「別のドレス店で試着した時、胸元がブカブカだったのですが、『これで大丈夫です!』と言われたんです。」と。

 

多分、通常のドレスのサイズの大きいものを試着なさって、妊娠で大きくなったお腹の部分はぴったりで、胸元がブカブカのものを勧められたようです。

 

「マタニティ対応です。」とか言って、フリーサイズのドレス、それもお客様のサイズより大きなものをお勧めするドレス店が後を絶ちません。

 

初めての妊娠で、体型がどんな風に変わるのかわからないお客様・・・

 

ドレス店のコーディネーターに「大丈夫です。」とか「お腹が大きくなりますから、大きなサイズがぴったりになります。」とか説明されると、納得してしまうお客様多いです。

 

しかし、妊娠しても肩幅が広くなったり、背中が広くなったりするわけではありませんね。

 

サイズを上げるといことは、自分と骨格が違う人のために作られたドレスを着るということです。

ブカブカするのは当たり前です。

 

 

お直しすると言っても・・・ビスチェをほどいて縫い直すのは至難の業。

多くのドレス店が、簡単につまんで縫い付けているだけとか・・・ひどい時は大きな安全ピンで留めていて、ドレスの外にピンがはみ出て見えている時もあります。

 

通常のドレスのフリーサイズで対応するというのは・・・どうしてもドレスが用意できない時の苦肉の策。

 

何とかドレスが落ちないように着付けをすることはできても、後姿ではやはり大きなサイズを着ていることは一目瞭然。

それも、花嫁さんには見えなくて、チャペルなどでご参列の皆様から丸見えです。

 

私はお客様にいつも申し上げます。

「ウェディングドレスはサイズ感が大切です!」と。

9号のマタニティ花嫁さんには、9号のマタニティ専用ウェディングドレスを!

ウェディングドレスは第2の肌。胸元が浮き上がっていては台無しですね。

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

マタニティ花嫁専門ウェディングドレスショップ ジェイディ 代表花谷~手紙で怒りをあらわにする! 【マタニティ婚基礎知識】実証!マタニティ用掛下着物の実力♪ 【マタニティ婚基礎知識】妊娠貧血・・・あなどれません!