マタニティドレスデザイナー花谷珠里のコラム 2015.06.09

あなたは「お腹で美しさを表現する派」ですか、「お腹はなかったことに!派」ですか?


最近マタニティ花嫁さんの傾向が大きく変わりつつあります。

以前お腹を目立たせたくない理由は、

1)不格好だし、太って見えるのが耐えられない。

2)妊娠していることを・・・隠したい。

3)まわりの目が気になる。

など、どちらかというと見た目に関することが多かったように思います。

 

女性の想いとして、結婚式の日は誰よりも美しくありたい!と思うのは当然で、どんなに美人のご参列者様でも花嫁さんにはかなわないわけです。

ジェイディでも、その想いを叶えるドレス作りをしてきました。

 

実際のところ、「あれ?お腹はどこにいちゃったの?」という感じのドレスはとても人気があります。

053

(こちらの花嫁さんは7ヵ月の後半で結婚式でした。)

 

しかし、今日のお客様は「ジェイディの新しいミューズ」!

「マタニティ婚でしかできない素敵なドレス姿を披露したい!」と希望されたお客様です。

0196

 

5月に結婚式があり、たくさんの素敵なお写真をお送りくださいました。

そして、アンケートはたくさんの文字で埋め尽くされていました。

680字に及ぶマタニティ花嫁さんへのエールです。

 

女性の人生の中でそう何度もないマタニティ期間中に、大切な人たちに結婚と妊娠のどちらも祝福してもらえるということは、本当にしあわせで貴重な経験です。生まれてくる子供にも語れるし、写真や映像で見せることもできます。」

 

「妊活の結果であっても、授かり婚だとしても、どちらにしろ好きな人と結婚できる上に、奇跡的に好きな人の子供を授かることができたということはこの上なく幸せなことだと思います。」

 

「私は元々スタイルが良いわけではないので、妊娠8ヶ月でお腹を強調したマーメイドラインのドレスを着ることで、妊娠中にしか出せない綺麗なカーブで神秘的なウェディングドレス姿を披露できたと思います。」

 

「女性ゲストたちにも『神秘的だった』『神々しく美しかった』『マタニティウェディングって素敵なものなんだと思った』『結婚式を待たずに妊活する勇気が出た』と言ってもらえました。そんな風に祝ってもらいながら妊娠報告ができたことも幸せだと思います。」

 

そして、最後にこう結ばれていました。

「だから、こんなに素晴らしい幸せの象徴を隠すことなく、思う存分強調してそのときの自分にしかできないウェディングを楽しんでください。」

 

入籍を済まされていても、「結婚式はまだ」という方が妊娠を機に結婚式をというケースはよくあります。

また、結婚式の準備中でも貴重な妊活の機会ととらえる女性も増えています。

見た目ももちろ大事!S様は、お腹の大きさが象徴する神秘性をドレス姿でも体現できることを証明してくださいました。

 

さあ、あなたは「お腹で美しさを表現する派」ですか、「お腹はなかったことに!派」ですか?

 

ジェイディはマタニティ専門ウェディングドレス ショップです。 そのどちらでも希望を叶えますよ。 ご一緒にマタニティウェディングを楽しみませんか?

 

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

マタニティ花嫁専門ウェディングドレスショップ ジェイディ 代表花谷~手紙で怒りをあらわにする! 【マタニティ婚基礎知識】実証!マタニティ用掛下着物の実力♪ 【マタニティ婚基礎知識】妊娠貧血・・・あなどれません!