マタニティドレスデザイナー花谷珠里のコラム 2015.03.18

マタニティ婚だから選択したい リゾート婚のメリットと工夫とは?


 

リゾート地での結婚式、リゾート婚。

マタニティだから、控えた方がいいのでは・・?と思われる方も多いかもしれません。

実は、国内、海外問わずマタニティ花嫁さんにリゾート婚は人気です。

リゾート婚のメリットといえば、

 

・2人だけ、または親しい人たちだけで結婚式を挙げられる。

・憧れの場所で、自分たちらしい結婚式を挙げられる

・新婚旅行、親族、友達との旅行を兼ねられる

・思い出の場所ができ、また訪れることができる

 

など、たくさんありますね。

 

resort-2

 

赤ちゃんが生まれてからの家族旅行も楽しいものですが、2人だけの旅行はしばらくお預けです。

リゾート婚は、まさに結婚式と新婚旅行を兼ねてリゾートで結婚式を!という選択肢。

 

ただし、やはりマタニティ花嫁さんには、注意していただきたこと、工夫もあります。

 

リゾート婚の成功の秘訣は、ドレスをしっかり準備して出発することです。

行先でドレスをと思っても、マタニティ用のドレスがあるのか?ちょっと心配ですね。

 

今まで何組ものマタニティ花嫁さんをお手伝いしてきた経験から、意識してもらいたいこと、工夫についてお伝えします。

 

 

1)美しい写真をたくさんの残すためにドレスに妥協しないで。360度どこから見ても素敵なドレスを準備して出発。

 

2)現地ヘアメイクにお願いすることに。希望のヘアスタイル、お化粧の仕方など雑誌の切り抜きなどを持参する。

 

3)生花の髪飾りなど、現地で急に準備が出来ない場合がある。ティアラ、ヘアパーツ、造花の髪飾りなど、持参する方が確実。

 

4)当日ノーメイクで行く場合、普段の服装、メイクをした写真などを持参する。ヘアメイクが好みなどを把握しやすい。

 

5)母子手帳を持参。海外の場合は、英文診断書を持って行くと安心です。妊娠の経過や、既往症の有無など、医療機関に正確に伝える工夫が大切です。またできるだけ医療体制の整った国で!という視点も成功の秘訣ですね。

 

6)妊婦さんも入れる保険もあります。

 

7)どうしても服薬が必要な時に備えて、かかりつけの医師に相談し、できれば薬は日本から持参しましょう。

 

8)ノンカフェインのティーバッグなど、現地で調達が難しいものは持参して。

 

9)くれぐれも、無理のない余裕をもったスケジュールにしましょう。特に時差がある場合は要注意です。

 

resort-3

 

いかがでしたでしょうか。

今はマタニティ花嫁さんに配慮してくれるリゾート婚プロデュースの会社もありますので、早めに相談してみてくださいね。

 

そして最後に。

出発前、体調がすぐれない時は、中止・延期を決断する勇気も必要です。

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。
10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

代々木八幡界隈~JADEEおすすめランチ♪           ラ クチーナ イタリアーナ ダル マテリアーレさん ああ、大失敗!でも・・・素敵な感動があったこと。 マタニティ専門店って何だろう?そもそも必要なのか?