未分類 2019.08.08

マタニティ婚必勝の秘訣!~値下げ交渉は「契約の前に」が正解♪


結婚式会場探しの前に「ご懐妊が分かっている方」はラッキーです♪

 

見積をもらい、契約のために交渉に入る際確認するべき項目があります。

 

1)提携ドレス店は何店舗あるか?

2)それぞれの提携ドレス店に「マタニティ専用ウェディングドレス」はあるか?(把握していないプランナーさんも多いので、その場で電話してもらう)

3)「マタニティ専用ウェディングドレス」もしくは「妊婦である新婦が納得するドレス」が無かった場合、持込はできるのか?

 

そして、「マタニティ専用ウェディングドレス」もしくは「妊婦である新婦が納得するドレス」が無かった場合~

 

「持込料が無料であることが契約の条件です!」とはっきり伝えます。

 

「妊娠しているなんて・・・恥ずかしいから・・・ドレス試着に行ってドレスが無かったら相談しよう・・・」みたいな弱気だと・・・損します。

 

会場は、契約後の「お値引き」や「持込料無料」はほとんど受け付けません。

 

稀に、クレームに発展しそうな時、受け付けるケースがあります。しかし、クレーム騒ぎになるとプランナーさんとの関係も険悪に・・・あまり良くないですね。

 

ですから、「持込料の交渉」を決して後回しにしてはいけません。

 

「持込む権利」は契約前に勝ち取りましょう!10万円近く安くなることも多いです。

 

手作りして節約するのも大切ですが・・・10万円をみすみす支払うのは「もったいない」といつも思うんです。

 

多くのマタニティ花嫁様が、提携店にドレスが無くて「高額な持込料」を支払っています。残念でなりません。

 

お問合せは、 0120-168-555 (ジェイディ代々木公園サロン)

LINE ドレスショップ ジェイディ

HP はhttp://www.jadee.net

 

お気軽にご相談ください。匿名でも大丈夫ですよ(^-^)

ライター紹介

花谷 珠里

花谷 珠里

日本で唯一のマタニティ専門ウェディングドレスショップ「JADEE(ジェイディ)」の創業者。 10年以上、マタニティ花嫁さんと真摯に向き合ってきた体験からマタニティウェディングに役立つ情報をお伝えしていきます!

「マタニティだけが置いてきぼりにされている」と感じた日~私は命がけで仕事をしているのか? マタニティ婚必勝の秘訣♪~賢い花嫁は知っていることって。 マタニティ婚必勝の秘訣!~値下げ交渉は「契約の前に」が正解♪