人気ライターのここだけの話 2015.03.24

鉄道ファンには垂涎!北陸新幹線開業日の3月14日、幸運なカップルが挙げたのは? JR軽井沢駅で公開挙式って?


ハッピーマタニティウェディング.comをご覧の皆様、こんにちは。
本日より、コラムを掲載して頂く、ウエディングーディーネーターの青木純子(あおき じゅんこ)と申します。

こちらのコラムでは、軽井沢出身の私が、清涼な自然、歴史と伝統に育まれた祝福の町 軽井沢の魅力と、東京と軽井沢を結ぶリゾートウエディングの魅力を存分にお届けしていきたいと思っております。

 

どうぞ、よろしくお願い致します*(^ ▽^)*

 

初回のコラムは、軽井沢でのウエディング情報と軽井沢の四季(春)をご紹介させて頂きますね。

 

さて、すっかり春の陽気の今日この頃。

先日、3月14日(土)は北陸新幹線が開通し、東京~信州~北陸が一直線に結ばれましたね。

この春は是非、信州と北陸の景色を贅沢に楽しみたいものです。

その北陸新幹線開業日の3月14日、軽井沢では、JR軽井沢で公開挙式が実施されました。

一般応募から選ばれた金沢市のカップル様が、タキシード・ドレス姿のまま新幹線に乗車し軽井沢へ。

 

軽井沢駅コンコースでの公開挙式、ご親族様20名様程でのウエディングパーティーを行い、軽井沢の文化や歴史を感じながら、また、軽井沢だからこそ感じられる、清々しい思い出深い一日をお過ごしになられたとの事と思います。

karuizawa-1

karuizawa-2

出典:軽井沢新聞社 軽井沢ウエブ 2015.3.14

 

北陸新幹線の開通で叶った、関東から、そして北陸からも一番近い自然豊かなリゾート地軽井沢でのご結婚式。

 

そんな軽井沢の魅力は上質感と四季折々の美しさにあります。

軽井沢というと、涼を求めて訪れる夏のイメージがありますが、夏にかぎらず、一年を通して優雅でゆったりとした滞在を楽しめます。

 

どの季節に訪れても、それぞれに自然の色彩が異なり、楽しみ方も異なります。

 

これからの軽井沢は、新しい命が一斉に芽吹き、新緑が薫る輝きに満ちた季節です。

 

フキノトウやタラの芽などの自然豊かな食材もとても楽しみな時期ですね。

 

 

また、浅間山のふもとに広がる大自然を楽しみながらお散歩したりドライブしたり、木漏れ日が気持ちいい木々のトンネルをサイクリングしたりと、うららかな春のそよ風を肌で感じることができます。

 

 

そして四季を通して美しい姿を見せてくれる雲場池(くもばいけ)をご存知ですか?

 

スワンレイクという愛称を持つ池で、軽井沢駅からも徒歩20分ほどの地にあるこの場所は、これからの時期、新緑と空の青さが鮮やかに池に映し出され、水面に絵画のような美しい風景がひろがります。

 

ウエディングフォトにもぴったりのこの場所は、美しい風景を囲むように、池の周りに遊歩道が整備されておりますので、ご結婚式翌日に是非ご家族の方々とゆっくり訪れて頂きたい場所の一つです。

 

東京から一番近いリゾート地軽井沢は、いつ訪れても温かく迎えてくれる 人が祝福されるにふさわしい場所。

 

お式を挙げたあとでも、いつでも帰ってくることのできる、「おふたりのはじまりの場所」になることでしょう。

 

雲場池1

雲場池3

ライター紹介

青木 純子

青木 純子

フリーランス ウェディングコーディネーター 軽井沢出身。2005年から軽井沢のフレンチレストラン、都内のレストランウェディング会場やプロデュース会社で経験を積み、2012年独立。軽井沢と関東を結ぶリゾートウエディング、国立競技場、美術館、ホテル、旅館、ご自宅婚など様々なプロデュース経験豊富。

フリープランナー青木純子のオススメ軽井沢!!  軽井沢通のセレクトはすごい♪すぐに真似したいですね。 「初夏の緑美しい軽井沢にて」~親しい友人のために心こめて結婚式をプロデュース♪ 軽井沢ニューアートミュージアム 〝風通る白樺と苔の森教会” 新しい軽井沢挙式ならここ♪